水の問題

美貌法、健康法は値あれど、「水」ほど世間の客受けの厚いものはないだろう。
水を山盛り飲むと人肌が潤う、全身毒が排池罹る、交代が上がって痩せ易く上る
水には、こんなに熱い意欲が寄せられて要る。
一際身近にある「水」であんな効果があるならば簡単で良しが、そんなにいくはずがない。その目的をみてみよう。

 

時分の体調は海綿体調ではない。水を飲むと人肌が潤う、は単純に「飲んだ水が
人肌の水気になるだろう」という想像であるが、身体は海綿やスポンジみたいに簡潔
にはできていない。従って、飲んだ水が丸ごと皮カテゴリーまでしみ込んで来るなんてことはない。
人肌の水気を守っているのはセラミドであり、セラミドを繰り返すことが人肌の水気倍加に陥る(

 

本当に、水は、全身でどうして交代罹るのか知っておこう。
口から入った水は、大腸で吸収され、血に入る。体の必要なところで使われた次、い
ところ無い分け前は尿として捨てられる。

 

身体には、血の濃さをほとんど規定に保とうとする仕掛けがある。従って、体調が脱水がち
になり、血が濃くなるといった、水を呑むように脳から指図が出る。これがのどの渇きです。
のどが渇いていないのに、できるだけ水を飲み込むというのは、脳の指図を無視した行動であ
り、身体にとっては迷惑な講話です。お腹が空いてないのにできるだけ召し上がるという感じことだと当てはまる。

 

山盛り飲むと、体調はそれをいくらでも捨てようとして、尿を山盛り仕立てる。従って、薄
い尿がたくさん生じる。それでも、尿を取るベネフィットにも限界があるから、
かなぐり捨てきれなかった分け前は体内に溜まる。これがむくみになる。

 

飲めば飲むほど良しは仮装であると、お知りいただけただろうか。
水のふさわしい呑み奴は、のどが渇いたタイミングだけ、極力温い物をゆっくりと飲み込むことである。

 

水と共に考えないといけないのが、汗においてです。
水を山盛り飲んでも、汗は伸び悩む。汗は体温管理のためにあるので、暑いところで
は山盛り起こるが、寒いといった出ない。暑くないところで水を山盛り飲んでも、汗は目立ちず、尿が加わるだけである。
汗でやせるわけではないので、無理に表す必要はない。余分な水という毒は、汗として
表すよりも尿として便所に流したほうが、一層眩しい排池法といえるだろう。